グルコサミンサプリメントの効果とは

まずグルコサミンにはどんな効果があるのか?
ドラッグストアーやテレビ通販、インターネットではグルコサミンサプリがたくさん取り上げられています。
このサイトをご覧の方もすでにグルコサミンのサプリメントを購入したり、現在利用されている方もいらることでしょう。
実はグルコサミンは医薬品ではないために、体の状態を改善したり治療したりというような効果は医学的に認められていないというか、正確に言えば効果効能を唱ってはいけない商品なんです。
グルコサミンは○○に効果がありますよ。
○○がグルコサミンを飲んだら改善した
そんなことはないというのが大方の見方です。

 

グルコサミンには体の諸症状を改善したりする効果がないとしたら、どうしてみんなグルコサミンサプリを飲んでいる?
ということになりますよね。

 

それは次の理由からだと思います。
元来グルコサミンは人の体の中に存在していて、人体の軟骨や爪やじん帯などに含まれている一成分で体内で作り出されているものなんです。しかしグルコサミンは加齢とともに少しずつ減っていのです。
そのような理由から50代を過ぎたころから軟骨に含まれているグルコサミンをはじめとする様々な成分を含んだサプリメントを利用する人が増えているといえます。

 

高齢者ほどグルコサミンが減少

グルコサミンサプリの口コミと感想

営業の仕事で外回りをしているので、毎日長い距離を歩かなければなりません。50を過ぎてからやっぱり体のケアや健康について不安を覚えたのでグルコサミンを入ったサプリメントを飲むことにしたんです。個人的には満足していますね。

 

年を重ねていくにつれて不安を覚えるようになりヒアルロン酸やグルコサミンを飲み始めました。今は毎日のウィーキングを日課として生き生きとした日々を過ごしています。

 

若いころから続けている趣味のジョギングをこれからもずっと続けていきたいのでグルコサミンを利用しています。サプリメントということで効果は期待はしていなかったのですが、今も楽しく走れることに喜びを感じています。

 

50代のころから健康のためにウォーキングを始めました。ただ年を取ったせいか年々歩く距離が短くなっているような感じがしていたので、グルコサミンサプリを飲むようにしたんです。名の知れたメーカーの製品だから安心して飲みながらこれからも趣味のウォーキングと散歩を続けていきたいと思っています。

 

グルコサミンを飲みながら50代の現在もジョギングを楽しんで快調に過ごしています。
階段の上り下りも全く問題ないですし、趣味の山登りも楽しんでいます。

 

毎日の畑仕事はしゃがんだりかがんだりと動作の繰り返しで大変だけれど、元気で頑張れます。これも健康だからこそ!グルコサミンサプリにいであえて本当に良かった

 

60歳を過ぎてもダンスをやったりストレッチ体操にはまっています。自分はまだまだ若いと実感しています。そんな私が愛用中なのが国産グルコサミンです。

おススメのグルコサミンサプリを紹介

グルコサミンを使ってみたいという方が効果的に商品を選ぶことができるように比較的多くの方が購入している人気のサプリメントを紹介します。

 

UMIウェルネス株式会社のN-アセチルグルコサミン

  • 販売開始から累計200万人以上の方が購入していて、現在でも20万人以上の方が定期購入をしたり続けて飲んでいるグルコサミンサプリメント中でもヒット商品の一つです。
  • 人体に含まれているグルコサミンと同じ形をした天然型グルコサミンを採用
  • 通常のグルコサミンサプリメントよりも利用効率が高い
  • 初回購入特典で半額に!

天然型N-アセチルグルコサミン

 

深潤EX

  • 健康な軟骨には必須の成分であるU型コラーゲンとプロテオグリカンを含むサプリメントです。グルコサミンはプロテオグリカンを形作っている成分の一つなのでプロテオグリカンをダイレクトに取ったほうが効果的であるという考えのもとに開発されたサプリです。
  • 甲殻アレルギーの方はグルコサミンサプリは利用できなかったのですが、鶏軟骨から抽出されているのでエビやカニに対するアレルギーがある方でも安心して飲むことができます。
  • 1日約92円とお財布に優しい
  • 香料・着色料・保存料無添加だから安心

深潤EX

 

北国の恵み

  • 北海道で取れた天然のサケの鼻軟骨から抽出したプロテオグリカンを商品化。
  • グルコサミンで満足できなかった方にはこちらがおススメ!
  • 今なら480円で10日間のモニターに参加できる

北国の恵み

グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸について

ここではグルコサミンと密接にかかりのあるコンドロイチンヒアルロン酸について解説していきます。
市販されているグルコサミンサプリにはコンドロイチンとヒアルロン酸という成分も一緒に含まれていることがほとんどです。
グルコサミンは軟骨に含まれている成分の一つなのですが、その役割は軟骨と軟骨の間を取り持つクッションの役目です。
コンドロイチンは軟骨以外にも骨や皮膚などにも含まていて、保水と弾力の保つ働きがあって、軟骨の保水を維持するために大切な成分なんです。
コンドロイチンには、軟骨に水分を届ける役目があって、この点が軟骨の水分量に影響し弾力感を強めるのに効果を発揮してもるのです。加えて、栄養が含まれた水分を運び込んでくれるから、軟骨の栄養分を補給したり、代わりに不要な物質を取り除く働きも伴うと考えられます。

 

ヒアルロン酸は、皮膚や関節、眼球にたくさん存在するのです。
軟骨や関節の間に在る関節液内でクッションや潤滑油に似た働きを行って、ダメージを抑えたり動きをスムーズにする手助けをしているんだそうです。

 

人の軟骨を形作っているのがプロテオグリカンで、そのプロテオグリカンを生成しているのがグルコサミンなんです。
プロテオグリカンに含まれているのがコンドロイチンやヒアルロン酸なので、わかりやすく言えばコンドロイチンやヒアルロン酸もグルコサミンから作られているということになります。

 

どうでしたか?
グルコサミンサプリメントそのものには効果や効能があるとは断言できないのが本当の実情ですが、50歳を過ぎた多くの男性女性がグルコサミンに関連するサプリメントを飲みながら健康維持に努めていることがお分かりなっていただけたのではないでしょうか。

グルコサミンサプリの注意点について

グルコサミンサプリを飲むうえでの注意点について紹介します。サプリメントですから医薬品のように目覚ましい効果が認められたり、反面副作用のリスクはそれほど多くはないと思われていますが、注意が必要なのは甲殻類アレルギーがある方は利用を控えたほうが良いということです。
もう一つは糖尿病を患っている方も利用はしないほうが良いという話を時々聞きますが、ただ現時点で科学的にはっきりと証明されてはいないようです。
これまでも糖尿病とグルコサミンの関係について臨床研究がされていますが、ある部分では全く異常がなくても、一方ではグルコサミンの摂取で血糖値が高くなったという報告もあるので、この件に関してはまだまだはっきりとした結論は出ていないというのが現状のようです。
グルコサミンは年を取るにつれて減っていくものです、そして私たちの関節や軟骨を健康に保つ効果を得たいがためにグルコサミンをサプリメントで取り入れたいと考えている方もたくさんいらっしゃるはずです。
そんな中で糖尿病の人が「グルコサミンサプリを利用しても大丈夫だろうか?」と考えるかもしれません。
グルコサミン副作用と効果

 

前述のようにはっきりとした結論が出ていない段階ではありますが、糖尿病の人がグルコサミンサプリを使うことで全く影響がないとは言えません、実際は無茶な摂取をしなければ悪影響はないというのが一般的な考え方です。
でも万が一のリスクを考えて必ず適正な量を取り入れるようにしましょう。
またグルコサミンサプリを摂取を始める前に、糖尿病ではないもののグルコサミンサプリを使ってもいいものかどうか不安な方は、遠慮なく自分のかかりつけのお医者さんに相談をするようにしましょう。

 

グルコサミンサプリを取って副作用が出るのでしょうか?
グルコサミンは元来人の体の中に保持されている成分なので、グルコサミンをサプリメントで体内に取り入れることで副作用などの症状が現れることはあまりないと考えられています。ですから安全性という上では安心して利用できるサプリメントの一つであると言えます。
でもそんなグルコサミンではありますが、胃痛や胸やけなどの消化器系の症状や便秘や下痢といった症状が出たという報告がなされています。こういった副作用と言えるものも頻繁に起きるのではなくごくまれにということです。
何でもそうですが100%副作用はないとは断言できませんから、注意することに越したことはありません。そして持病で服薬をしている方はその飲み合わせなどにより副作用のリスクもないわけではありませんから、グルコサミンサプリを飲み続ける場合は注意しましょう。

 

グルコサミンサプリにはコラーゲンが

グルコサミンサプリにはコラーゲンが配合されているケースが多いことをご存知ですか?
実はグルコサミンとコラーゲンを一緒に取ることは、その効果をより高めることが期待できるのです。
では、グルコサミンは私たちの体の中でどのような働きを担っているのでしょうか。
すでにネット口コミサイト等を見て知っている方もいることと思いますが、軟骨や関節を形作っている重要な構成材料で、関節の動きをスムーズにしたりする働きがあり関節や軟骨を維持するためには必要不可欠な成分と言えます。
軟骨は関節と関節の間でクッションのような働きをしています、コラーゲンは軟骨にも含まれていてコラーゲンの量が不足したり老化してくると、ちょっとした衝撃でも軟骨がする減りやすくなってしまいその結果関節痛が起きてしまうことになります。
グルコサミンはすり減った状態の軟骨を修復する働きもあって、グルコサミンを必要量取り入れることで関節痛を軽減する効果が期待できるんです。

 

関節の痛みの口コミ

コラーゲンの効果は口コミなどでたくさん紹介されていますが、その多くがお肌のハリや弾力などの美容効果についてです。
コラーゲンはタンパク質の一つで細胞同士を結び付ける役割があり、主に軟骨や骨、そして皮膚に存在します。
コラーゲンの主な効果は

  1. 肌の弾力やハリを保つ
  2. 関節の痛みを和らげる
  3. 動脈硬化を防ぐ
  4. 柔軟性のある血管を保つ
  5. 骨を健やかにする

以上のような働きが期待できます。
このようにコラーゲンは健康を保つためにとっても重要な働きをしていることが分かるのではないでしょうか。
しかしコラーゲンは年を取るにつれて量が減っていき、それに加えてコラーゲンの質自体も低下していくようになり、また加齢以外でも生活習慣の乱れなどでコラーゲンの働きそのものが鈍ってしまうこともあります。
そうなると肌の張りがなくなったり関節の痛みが出やすくなったりその他にも体に様々な問題が起きやすくなってしまうのです。

 

グルコサミンとコラーゲンはともに関節や軟骨の働きを維持するために重要な役割を担っています、コラーゲンはグルコサミンの働きをアップさせる効果効能も持ち合わせています。グルコサミンやコラーゲンは加齢とともに減っていきます、また日頃の運動量が多ければより多く必要になります。
ですからコラーゲンを含んでいるグルコサミンサプリを飲むことはこれら二つの成分を補給するのには効果的な方法であると言えます。

グルコサミンはサプリメントで取るのが効果的

グルコサミンサプリメントは数多くの種類がいろいろと市販されています。
グルコサミンサプリの口コミには関節痛が改善したとかひざの痛みが和らいだといったような声を度々耳にします。
そういった口コミに影響されてサプリメントを購入された方も多いようですね。
でもグルコサミンはわざわざお金をかけてサプリを購入しなくても普段の食事の中で効果的に補うことはできないのでしょうか。
グルコサミンを含んでいる食品は、動物性と植物性に分けられますが、動物性グルコサミンはカニやエビ、鶏の軟骨、ウナギ、フカひれ、植物性グルコサミンはキノコ類や納豆、おくら、山芋などです。
中でも特におススメしたいのがグルコサミンと一緒に取ることで相乗効果が生まれるコンドロイチンも含む山芋です。
山芋は毎日食べる食習慣はないでしょうけれど、できるだけ積極的に食事に取り入れたい食べ物ですね。
グルコサミンを摂取するために毎日こういった食品を大量に食べることは、普通の食生活から考えるとかなり無理があって難しいと言えます。

 

グルコサミンサプリの口コミ情報

実はグルコサミンを食品から摂取するのはかなり難しいのです。
グルコサミンサプリメントの原料としてエビやカニなどの甲羅からキチンという物質を塩酸で分解することでグルコサミンを生成しています。
仮にグルコサミンを多く含んでいるカニやエビなど甲殻類の甲羅を食べたとしてもそのままではグルコサミンの成分を体内に取り入れることはほとんどできないということなのです。
つまりグルコサミンを含む食品を食べたとしても塩酸で分解してグルコサミンにならない限り効果はないのです。

 

 

グルコサミンは関節の健康やスムーズな動作のためにはなくてはならない成分ですが、グルコサミンそのものは人間の体の中で生成されているものなのですが、年を取るにつれてこの生成する能力が少しずつ衰えていくのです。
そのような理由から年を取っている人ほどグルコサミンをサプリや食品から補給することが必要になってくるのです。
関節軟骨は加齢や過度の負担がかかることですり減ってしまいます。それが原因で炎症が発生してしまい、その結果として関節の痛みや腰の痛み、ひざの痛みなどが引き起こされてしまうわけです。
グルコサミンには軟骨を強したり、ダメージを受けてしまった軟骨を修復する働きもありますから、グルコサミンの不足を補うために食品やサプリメントから取り入れることが関節の健康を維持するためにはとても効果的な方法だと言えそうですね。

 

グルコサミンを豊富に含む食品

グルコサミンがたくさん入っている食品として代表的なものは、グルコサミンサプリの主原料になっているカニやエビの殻。ただしグルコサミンそのものではなくてキチンというグルコサミンの原料になる成分が豊富に含まれています。
またキノコにもこのキチンが含まれているのだそうです。
プロテオグリカンという物質を知っているでしょうか?このプロテオグリカンを構成しているのがグルコサミンなので、最近はプロテオグリカンを主原料としているサプリメントも出始めていてその効果が口コミでも評判を呼んでいますね。
プロテオグリカンは牛や豚、そして鶏の軟骨にたくさん含まれています。ウナギとフカひれ、そしてネバネバ系の山芋やオクラといった野菜にも含まれているのです。
特筆すべきは山芋にはコンドロイチンも含まれているので積極的に食べてみたい食品ですね。
グルコサミンが含有されいている食品を食事の中に取り入れて、たくさん食べていけば体の中のグルコサミンは足りなくなることはないから、年をとってもこういった食品をいっぱい食べていれば大丈夫だと考えるかもしれませんね。
ところがどっこいそのような簡単なものではないのです。
ですが、こういったグルコサミンやプロテオグリカンをたっぷり含む食品を積極的に日常の食生活に取り入れることで、不足しがちなグルコサミンを補うことはできないのです。

 

ちょっと残念に思うかもしれませんが、その理由は、
もしプロテオグリカンを口から摂取したとしてもその分解されてグルコサミンとして体内に吸収されていくの一部だけですから、こういった食品から取り入れていくのは効率的ではありません。
またカニやエビに含まれているキチンという成分はそのままの状態では体の中にほとんど吸収されることはありません。実際サプリメント原料になっているカニやエビの殻は製造段階で精製と分解が行われることでカラダの中にも吸収されやすいグルコサミンになっていくのです。
以上のことから食品や食べ物から必要な十分な量のグルコサミンを補給するのは、非現実的であるということが分かると思います。
現在多くのメーカーからグルコサミンサプリが販売されていて、それらが人気を博しているのはそういったことが背景にあるからなのです。
普段の食生活から補給することが難しいうえに、カラダにとっても必要な成分なのでサプリメントから摂取することは実に効果的であると言えるのではないでしょうか。